(582)「捜査ごっこセット」「イースター島のモアイ」 5/5 (1)

「捜査ごっこセット」

「捜査ごっこセット」「イースター島のモアイ」

空き地できげんの悪いジャイアンを見かけたのび太は逃(に)げようとするが、見つかってしまい、大あわて。ジャイアンによると、自分がトイレに行っている間に、大切なマイクをだれかがこわしたのだという。のび太は自分ではないと訴(うった)えるが、犯人(はんにん)をすぐに見つけてこないと、ギッタギタにしてやる!と言われてしまった。
のび太はドラえもんに泣きつこうとするが、部屋にあったはずのどら焼きをさがしていたドラえもんからも、疑(うたが)いの目を向けられてしまう。のび太は知らないと答えるが、ドラえもんは未来の子どもたちが刑事(けいじ)ごっこで使うという『捜査(そうさ)ごっこセット』を取り出し、セットの中の『指紋(しもん)スイツキン粉』でお皿についた指紋を調べることに。すると、見事にのび太の指紋に反応(はんのう)! のび太は自分が食べたことを白状(はくじょう)する…。
これを使ってジャイアンのマイクをこわした犯人を見つけようと考えるのび太。さっそく、空き地で聞き込みを開始すると、スネ夫が犯人との疑(うたが)いが。すぐにスネ夫の家をたずねるが、スネ夫は逃げ出してしまい…!?

「イースター島のモアイ」

「捜査ごっこセット」「イースター島のモアイ」

ひみつ道具を使って実際(じっさい)に行動して答えるゲームマシン『アクションクイズ』で遊ぶのび太とドラえもん。まちがえてばかりののび太は、まちがえるたびにカミナリに打たれて、ゲッソリ…。
これなら出木杉がやってもムリだろうと考えたのび太は、さっそく出木杉を連れてくるが、出木杉は次々と正解(せいかい)を出し、メダルを手にする。それを見て、ガッカリするのび太…。
「窓から見上げる大きなトビウオ」という最終問題を出された出木杉は、座標(ざひょう)を打ち込めば、家ごとその場所に移動することができる『転居(てんきょ)テンキー』をドラえもんに出してもらい、家ごとイースター島へ行き、見事正解する。南半球でしか見ることのできないトビウオ座(ざ)を見るのに、日本からの時差を考えて、イースター島を選んだのだ。
その後、イースター島を知らないのび太にモアイ像(ぞう)を見せるため、『スピード時計』を使って、昼にするドラえもん。海岸にならぶモアイ像の近くにたおれているモアイ像を見つけたのび太は、元通りにしようと言い出して…!?

Encoded RAW = Click here

Please rate this