(596)「ハリ千本ノマス」「のび太シンデレラ」 No ratings yet.

「ハリ千本ノマス」

「ハリ千本ノマス」「のび太シンデレラ」

何やらピリピリしているのび太のもとに、スネ夫から「ゲームとマンガを処分(しょぶん)するから全部あげる」という電話がかかってくる。さらに、たずねてきたジャイアンからは、ケーキを山ほどもらったので、食べ切れないから取りに来るよう言われるのび太。
実は今日は4月1日。エイプリルフールということで、毎年みんなにウソをつかれているのび太は、今年こそはだまされないよう用心していたのだ。そんなのび太をかわいそうに思ったドラえもんは、『ハリ千本バッジ』を取り出すと、ひとり言のように「これをつけている時にだれかにウソをつかれると、相手はそのウソを本当のことにしなくてはならない」と説明し、部屋を出ていく。
のび太はまよった末、バッジをむねにつけ、ママになんでもいいからウソをついてほしいとお願いする。ママが「今月はおこづかい千円アップしちゃいます」と言ったところ、ママの意思とは反し、のび太に千円を渡してくれたからビックリ!
よろこんだのび太はジャイアンたちの元へと向かうが…!?

(「ハリ千本ノマス」てんとう虫コミックス第10巻より)

「のび太シンデレラ」

「ハリ千本ノマス」「のび太シンデレラ」

物置の整理をするママのお手伝いをしていたのび太は、小さいころに読んだ絵本を見つける。その中の「浦島太郎(うらしまたろう)」を読み、悲しい気持ちになるのび太。おじいさんになってしまった浦島太郎が、その後どうなったのか気になるというのだ。
それを聞いたドラえもんは、絵本の世界に入ることのできる『絵本入りこみぐつ』を取り出し、二人は浦島太郎の世界へ…! 浜辺でうなだれていた浦島太郎は、もう生きていてもしかたないと、海に入ろうとしていた。二人はあわてて浦島太郎をよび止めると、『タイムふろしき』で彼をわか返らせ、『タイムベルト』で竜宮城(りゅうぐうじょう)に行く前にもどしてあげる。
大よろこびの浦島太郎を見て、安心した二人は絵本から出ると、ほかにも『人魚姫(ひめ)』『マッチ売りの少女』『白雪姫』『赤ずきん』などの絵本に次々と入り、ひみつ道具を使っておはなしを変えていく。
そして、絵本から出てきたところでママからよばれた二人は、あわてて『シンデレラ』の絵本に入るが…!?

(「のび太シンデレラ」てんとう虫コミックス第32巻より)

Please rate this