(603)「くしゃみに気をつけろ」「友だちの輪」 No ratings yet.

「くしゃみに気をつけろ」

「くしゃみに気をつけろ」「友だちの輪」

めずらしくカゼをひいてしまったドラえもん。たまたま22世紀から様子を見に来たドラミが、病院に連れて行こうとするが、寝(ね)ていれば治ると追い返してしまう。しかたなく、薬を置いて帰るドラミ。ところが、のび太が学校から帰ってくると、ドラえもんが寝ているはずの押(おし)入れがパンパンになっていた! そして、中からドラえもんのクシャミが聞こえたと同時に、「ハクション」の文字が飛び出してきたからビックリ!
そこへふたたびやってきたドラミは、ドラえもんが薬と『コエカタマリン』をまちがえて飲んでしまったことに気づく。そして、ちょうど未来から連れてきたロボットのお医者さんに、注射(ちゅうしゃ)をしてもらおうとするが、ドラえもんは「ヤダ」を連発しながらにげてしまう…。
その様子を見たお医者さんは注射を置いて未来へと帰ってしまった! ドラミはしかたなく、注射を手にドラえもんをさがすことに。すぐにドラえもんを見つけたドラミは注射しようとするが、スルリとかわされ、そこにいたスネ夫に注射してしまう…!?

「友だちの輪」

「くしゃみに気をつけろ」「友だちの輪」

道でとびきりの美少女を見かけたのび太、ジャイアン、スネ夫が見とれていると、その少女は神成さんの家に入っていった。3人は思わず家の中をのぞきこもうとするが、神成さんに追い返されてしまう…。
どうにかして少女と友だちになりたいのび太は、家に帰った後、しずかから電話があったと言われても上の空で、ふたたび神成さんの家へと向かう。すると、ジャイアンとスネ夫が神成さんの出かけたすきに、持っていたボールやラジコンを庭に投げこみ、それを取らせてもらうふりをして、少女と話をしようとしていた。ところが、ちょうど帰って来た神成さんにおこられてしまう。
のび太が何かいい方法はないかと考えていると、ドラえもんが輪の中にいっしょに入るとどんな人とでも仲良くなれる『友だちの輪』を使って、メスネコと友だちになっていた。それを見たのび太は、友だちの輪を借りてみるが、やはり神成さんがいて近よることができない。そこでのび太はまず神成さんと仲良くなろうと考えて…!?

(「友だちの輪」てんとう虫コミックス 第38巻より)

Facebook Comments

Please rate this