(604)「キャラクターグッズを作っちゃえ!」「ジャイアンへのホットなレター」 4.5/5 (2)

「キャラクターグッズを作っちゃえ!」

「キャラクターグッズを作っちゃえ!」「ジャイアンへのホットなレター」

おもちゃ屋さんの前を通ったのび太は、長い行列にビックリ! ならんでいたスネ夫によると、人気キャラクターの新作フィギュアの限定(げんてい)品ということで、みんな朝からならんでいるのだという。
ぶじにお目当ての商品をゲットしたスネ夫からじまんされたのび太は、きょうみがない様子で、みんなにも同意を求めるが、ジャイアンにもしずかにもお気に入りのキャラクターのコレクションがあると言われてしまう…。そして、スネ夫にバカにされたのび太はつい、自分もみんなよりたくさん集めていると、ウソをついてしまった!
みんなに見せる約束までしてしまったのび太は、ママに買ってもらおうと考えるが、そういうものはぜったいに買わないとママが話しているのを聞いてガッカリ…。おこづかいで買おうにも、売れ残りのノートしか買えず、こまったのび太はドラえもんに泣きつく。
あきれつつも、ひとつだけ買って来てあげると言ってくれたドラえもんに、のび太は新番組のグッズをたのむことに。すると、なぜかまだ発売されていない商品を買ってきてくれて…!?

(「キャラクター商品注文機」てんとう虫コミックス 第28巻より)

「ジャイアンへのホットなレター」

「キャラクターグッズを作っちゃえ!」「ジャイアンへのホットなレター」

空き地で、アイドル・伊藤(いとう)つばさのサインが入ったパネルをじまんするスネ夫。「つばさちゃんへのホットなレター」コンクールで優勝(ゆうしょう)してもらったのだという。さらに、ファンクラブの幹部(かんぶ)になったとじまんするスネ夫だったが、その横でジャイアンがどんどんふきげんになり、おこって立ち去ってしまう。
なぜジャイアンがおこっているのかまったくわからないのび太だったが、話を聞いたドラえもんは、ジャイアンはヤキモチを焼いているのだと分析(ぶんせき)。自分を歌手だと思っているジャイアンは、つばさちゃんはライバルで、のび太たちはジャイアンのファンだと思い込んでいるのだと話す。
しかたなくジャイアンの家へと向かうドラえもんとのび太。するとジャイアンは、ファンクラブ限定(げんてい)の会報(かいほう)を出したいと言い、ファンレターを募集(ぼしゅう)しろと言い出す。さらに、一等に選ばれたファンには、つばさちゃんと同じようにサイン入りパネルをプレゼントすることを思いついて…!?

(「ジャイアンへのホットなレター」てんとう虫コミックス 第35巻より)

Facebook Comments

Please rate this