(608)「わすれ鳥」「無敵のスーパーランドセル」 5/5 (1)

「わすれ鳥」

「わすれ鳥」「無敵のスーパーランドセル」

休みの日、しずかの家でいっしょに宿題をすることになったのび太。ところが、ノートをわすれてしまい、いそいで家に取りにもどる。ちょうど、パパがママから大事な手紙をわすれずにポストに入れるよう念をおされているのを見たのび太は、自分がわすれっぽいのはパパににたからしょうがないと言い出す…。
ママに注意されたにもかかわらず、また手紙をわすれて出かけようとしたパパに、ドラえもんはわすれ物をすると鳴いて教えてくれる『わすれ鳥』をわたす。ためしにパパが手紙を置いたまま出かけようとしたところ、わすれ鳥は「ワスレタワスレタ」と鳴き出した!
それを見たパパはよろこんでわすれ鳥を連れて出かけていくが、ポストの前を通ったものの、わすれ鳥がいるから帰りにしようと、そのまま通りすぎてしまう。そして、友人の家をたずねたパパは、わすれ鳥をじまんするが…!?
同じころ、ノートを取りにもどったことをすっかりわすれてしまったのび太は、ジャイアンたちと公園で空きカンを使った射撃(しゃげき)ゲームに夢中(むちゅう)になり…!?

(「わすれ鳥」てんとう虫コミックス 第12巻より)

「無敵のスーパーランドセル」

「わすれ鳥」「無敵のスーパーランドセル」

学校からの帰り道、自転車をよけようとして電柱にぶつかったり、イヌにほえられてドブに落ちたり、あぶない目にあってばかりののび太。「これじゃ、身がもたないよ!」と泣きつかれたドラえもんは、どんな改造(かいぞう)も自由にできる『万能(ばんのう)改造自動ドライバー』を取り出し、のび太のランドセルを改造することに。キケンを警報(けいほう)で知らせてくれる機能(きのう)や、ボタンひとつでカサが出る機能、転ぶとエアバッグが出てきて身を守ってくれる機能をつける。
さっそく改造したランドセルをしょって外に出たのび太は、その便利さに大まんぞく。「もっといろいろな機能をつけてほしい」とドラえもんに注文する。
次の日の朝、ドラえもんが改造したランドセルの目覚まし機能に起こされ、ランドセルにわすれ物チェックをしてもらったのび太は、ランドセルの巨大タケコプターで空を飛んで、学校へと向かうが…!?

Please rate this