(627)「影ぼうしフラッシュ」「ドラキュラセット」 5/5 (1)

「影ぼうしフラッシュ」

「影ぼうしフラッシュ」「ドラキュラセット」

空き地でジャイアンたちと影(かげ)ふみで遊んでいたのび太は、最後の一人になり、カベの影の中ににげこむが、影がないならお前をふんでやるー!と追いかけられ、そのまま家までにげ帰る。
部屋に入ったのび太は、目の前に置いてあるどら焼きに手をのばすが、ドラえもんの形をした影に手をはじかれてしまう。しかも、その直後、その影が消えてしまったからビックリ! 実はドラえもんが『影ぼうしフラッシュ』を使って、影ぼうしにるすばんをさせていたのだ。これを使ってできた影ぼうしは、消えるまでの30分間、たのめば何でもやってくれるのだという。
それを聞いたのび太は、影ぼうしにジャイアンとスネ夫をやっつけてほしいとたのむが、あっという間に二人にやられてしまい、家ににげ帰ってきて、そのまま消えてしまった…。だったら人数をふやせばいいと考えたのび太は、ドラえもんから無理やり影ぼうしフラッシュをもらって、ふたたびジャイアンたちのもとへと向かうが…!?

(「影ぼうしフラッシュ」てんとう虫コミックススペシャルカラー作品集第2巻より)

「ドラキュラセット」

「影ぼうしフラッシュ」「ドラキュラセット」

スネ夫からドラキュラの物語を聞いたのび太は、おそろしさのあまり、くつもはかずに家まで走って帰り、くつをとどけに来てくれたしずかにも笑われてしまう…。しかも、夜もこわくてひとりでトイレに行けなくなってしまった!
あきれたドラえもんは、記憶(きおく)を吸(す)いとってくれるひみつ道具『ドラキュラセット』を取りだし、のび太からドラキュラに関する記憶をなくしてあげることに。
すっかりこわくなくなったのび太は、昼間のみっともないできごとをみんなにもわすれてもらおうと考える。そして、ドラえもんから『ドラキュラセット』をうばい取ると、コウモリに変身し、まずはしずかの家へと向かう。
しずかの記憶を消したのび太は、スネ夫のところへ。記憶を消すついでにスネ夫をおどかそうと思い立ち、ドラキュラに変身! スネ夫をこわがらせたことに満足したのび太は、ジャイアンのもとへと向かうが、ジャイアンからドラキュラが苦手なニンニクのにおいがしたため、かみつくことができず…!?

(「ドラキュラセット」てんとう虫コミックス第21巻より)

Please rate this