(618)「手にとり望遠鏡」「森は生きている」 5/5 (2)

「手にとり望遠鏡」 ジャイアンにヨーヨーをうばわれてしまい、ドラえもんに泣きつくのび太。ドラえもんは自分で取り返してくるようつきはなすが、のび太は自分がジャイアンにかなうわけはないと開き直る。ドラえもんはしかたなく、遠くのものでも手に取ることができる『手にとり望遠鏡』を取り出す。 そして、さっそく窓(まど)から顔を出し、買い物から帰ってきたママを望遠鏡でのぞいてみるドラえもん。のぞきながらママが持っているバッグに手を伸ばしたところ、なんとバッグがドラえもんの手元に瞬間移動(しゅんかんいどう)したからビックリ! それを見たのび太は、これならジャイアンに気づかれずにヨーヨーを取り返せると大よろこび! まずは練習のために、窓から外をながめ、おばさんに追われているネコをつかまえようとするが、まちがえておばさんをつかんでしまう…! その後も、まちがえて木をつかんでしまい、自分がその木に瞬間移動してしまうのび太。そして、ジャイアンから無事にヨーヨーを取りもどすと、調子に乗っていたずらを始めて…!? (「手にとり望遠鏡」てんとう虫コミックス 第13巻より) 「森は生きている」 学校からなかなか帰ってこないのび太をさがしに裏(うら)山へと向かうドラえもん。すると、予想通りのび太が木かげで昼寝(ね)をしていた。裏山に来ると、いやなことやつかれがふき飛ぶというのび太。だから、ゴミがすてられているとはらが立つと言うのび太の言葉に感動したドラえもんは、ハート形の『心の土』を取り出す。 これをくだいて山にまくと、山と心を通い合わせることができるのだという。さっそくのび太が心の土を山にまいたところ、風がふいて木の葉が集まり、ふかふかのベッドを作ってくれた。 次の日から、のび太は学校が終わるとすぐにひとりで裏山へと行き、ドラえもんがむかえに来るまで帰らず、裏山での生活を楽しむようになる。さらに、のび太を野球に連れていこうとするジャイアンとスネ夫も、裏山が追い返してしまった…! すっかり変わってしまったのび太を心配したしずかに相談されたドラえもんは、様子を見に行くが、のび太に「山にこもってばかりじゃダメだ」と言ったところ、野鳥におそわれ、追い返されてしまい…!? (「森は生きている」てんとう虫コミックス 第26巻より)  Please rate this Beri

Continue reading

(617)「手足につけるミニ頭」「ドラかぐや、月に帰る!?」 No ratings yet.

「手足につけるミニ頭」 夏休み、宿題をしながらテレビに夢中(むちゅう)になってしまい、ママにしかられるのび太。もしも、手や足が別々に動いて、別々なことを一度にできたら、うんと時間が節約できるのに…と言い出し、そんな道具はないのかとドラえもんにつめよる。 そこでドラえもんがしぶしぶ取り出したのは、手や足につけて命令するとその通り動いてくれるという『ミニ頭』。まずはのび太の左うでにミニ頭をつけ、「けん玉をやれ」と命令したところ、のび太の意思とは関係なく、けん玉を始めたからビックリ! 続いて、左手には宿題をやらせ、右手でけん玉をやってみる。 暑くなってきたのび太は、右うでにも『ミニ頭』をつけると、うちわであおいでもらうことに。さらに、両手が勝手に動いてくれるなら…と、そのまま自分は昼寝(ね)を始めてしまう…。 ところが、ママからお使いをたのまれてしまったのび太は、足にもミニ頭をとりつけ、自分は寝たまま、買い物に行くことを思いついて…!? (「手足につけるミニ頭」藤子・F・不二雄大全集第6巻より) 「ドラかぐや、月に帰る!?」 『竹取物語』を読んで読書感想文を書くという宿題をすっかりわすれていたのび太。「本を読まずに感想を書くことができるひみつ道具を出してほしい」と泣きつかれたドラえもんは、あきれつつも『絵本入りこみぐつ』を取り出す。 このくつをはいて絵本の上に乗ると、その絵本のおはなしの世界に入ることができるのだ。 のび太とドラえもんは、さっそく絵本入りこみぐつをはいて、『竹取物語』の本の中に飛びこむ。そして、おはなしのじゃまにならないよう、『スモールライト』で自分たちを小さくして、竹のかげにかくれることに。 すると、スモールライトの光に気づいた「竹取の翁(おきな=おじいさん)が、二人のかくれている竹の前にやってきて、その竹をバッサリと切り落としたからビックリ! あわててにげる二人だったが、翁はドラえもんに気づくと、かぐや姫(ひめ)とまちがえて連れて帰ってしまう。しかも、スモールライトのきき目が切れ、ドラえもんは元の大きさに戻ってしまい…!?    Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(616)「水道ジュース変換アダプター」「ぼくミニドラえもん」 No ratings yet.

「水道ジュース変換アダプター」 いつもよりごうかなケーキのおやつに、大よろこびののび太だったが、ママからジュースではなくてお水を飲むように言われ、ガッカリ…。 その後、ドラえもんとのび太が部屋にもどると、未来から荷物がとどく。何がとどいたのか聞かれても答えることなく、のび太を連れて台所に行くドラえもん。そして、とどいたものを水道のじゃ口に取り付け、栓(せん)をひねったところ、なんと水ではなく、オレンジジュースが出てきたからビックリ! ドラえもんによると、これは水道のじゃ口に取り付けるだけでジュースが出てくるという『水道ジュース変換(へんかん)アダプター』という大人気のひみつ道具で、注文してからようやくとどいたのだという。二人は大よろこびでジュースを出して飲むが、そのあとにお米をとごうとしたママから、おこられてしまう…。 その後、部屋でいつでもジュースを飲めるようにしたいというのび太のために、『亜空間パイプ』を使って、庭にある水道のじゃ口から、のび太の部屋まで水道管を引くことにするが…!? 「ぼくミニドラえもん」 学校の宿題で、野鳥を観察することになったのび太は、ドラえもんにたのんで山に連れて行ってもらい、めずらしい野鳥を観察しようと考え、しずかやジャイアン、スネ夫にも約束してしまう。 ところが、ドラえもんはまいごのネコをさがすため、出かけなくてはいけないという。のび太に泣きつかれたドラえもんは、ポケットからドラえもんそっくりの『ミニドラえもん』を出して置いていくことに。サイズは小さいながらも、ポケットにはひみつ道具も入っているらしい。 さっそく、ミニドラえもんに『タケコプター』を出してもらうのび太。ところが、タケコプターが小さすぎてのび太の体重をささえ切れず、地面すれすれのところまで落ちてきてしまう。その後、しずかたちと合流し、ミニドラえもんの出した『どこでもドア』で山に行こうとするが、ドアが小さすぎて入ることができない…。 そこで、『スモールライト』でのび太たちが小さくなることにするが…!? (「ぼくミニドラえもん」てんとう虫コミックス 第41巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading