(588)「アリガターヤ」「ツチノコみつけた!」 3/5 (2)

「アリガターヤ」 放課後、野球をするというジャイアンとスネ夫からランドセルをおしつけられたのび太。ジャイ子を見かけたのび太は、ジャイアンのランドセルを差しだすが、用事があるからとことわられてしまう。のび太の帰りがおそいことを心配したドラえもんがのび太をさがしに行くと、裏(うら)山のわきにある小川で落ちこむのび太のすがたが…! ドラえもんに声をかけられ、「ボクはみんなの言うことを聞いているのに、だれもボクの言うことを聞いてくれない…」と泣くのび太。かわいそうに思ったドラえもんは、『アリガターヤ』を取りだす。これを頭にのせると、だれもがのび太の言うことをありがたがって聞いてくれるというのだ。 さっそく、ドラえもんにジャイアンとスネ夫の家にランドセルをとどけるようにたのんだところ、ドラえもんがよろこんでとどけに行ったからビックリ! 家に帰り、ママに宿題をたのんだところ、やはりよろこんでやってくれる。調子に乗ったのび太は、しぶるドラえもんからアリガターヤをかりて出かけていくが…!? (「アリガターヤ」てんとう虫コミックスプラス第3巻より) 「ツチノコみつけた!」 「この世に生まれたからには、自分の名を歴史の1ページに残したい」と考えるのび太。そんな時、22世紀からもどって来たドラえもんから、未来の百科事典を見せられてビックリ! なんとその百科事典に、ツチノコを発見したのは剛田武(ごうだたけし)と、ジャイアンの名前が書かれていたのだ。 のび太はおどろきつつも、自分が先にツチノコを見つけようと空き地へと向かう。通りかかったジャイアンとスネ夫から何をしているのかと聞かれ、必死に追い返そうとするのび太。おこったジャイアンにおどされ、ツチノコをさがしていると正直に話すが、二人はツチノコなんて…とバカにして去っていく。 のび太は引き続きツチノコをさがすが、なかなか見つからずあきらめてしまう。そんなのび太にあきれるドラえもんだったが、未来の図書館で、今から約70年後にツチノコブームが起き、ペットショップでも買えるようになる事を調べると、その時代へ行ってツチノコを手に入れようと言い出して…!? (「ツチノコ見つけた!」てんとう虫コミックス第9巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(587)「Yロウに気をつけろ!」「神さまロボットに愛の手を!」 1/5 (1)

「Yロウに気をつけろ!」 ジャイアンひきいる野球チーム“ジャイアンズ”は、試合で負け続き。おこったジャイアンは、これからはヘタなメンバーを2軍に落とし、試合には出させず、球拾いをさせると言いだした! それを聞いたのび太は、もう試合には出られなくなるとドラえもんに泣きつく。 それに対し、ドラえもんは、ヘタだったらうまくなろうと努力するよう、のび太をはげます。のび太も、その言葉でやる気を出し、1軍をめざして練習に打ちこもうとするが、ママに「勉強のほうが大事よ!」とバットとグローブを取り上げられてしまった…。 同情(どうじょう)したドラえもんは、わたされた人は、どんなことでもことわれなくなってしまうという『Yロウ』を取り出す。さっそくYロウをママにわたし、野球道具を返してもらいたいとたのんだところ、よろこんで返してくれたからビックリ! その後、ドラえもん相手に野球の練習を始めるのび太だったが、あまりのヘタっぷりに、ドラえもんがおこり出す…! 言い合いの末、ドラえもんは帰ってしまうが…!? (「Yロウ作戦」てんとう虫コミックス第11巻より) 「神さまロボットに愛の手を!」 ジャイアンに新しいマンガをうばわれ、神さまなんていないとなげくのび太。それを見たドラえもんは、『神さまロボット』を取り出す。神さまには見えないすがたをしているが、それは人の心を試すためで、これを神さまと知らずに助けると、3つの願い事をかなえてくれるらしい。ただ、神さまだと知って親切にしてもダメなのだという。 のび太たちは、さっそく神さまロボットを道におき、様子を見ることに。動き出した神さまは、とつぜんたおれるが、だれも気づかずに通りすぎてしまう。さらに、通りかかったジャイアンは神さまを拾いあげると、「きたない人形!」と投げすて、スネ夫は神さまをけとばしてしまう…。 その後、のび太たちはしずかの家に遊びに行き、指をケガして落ち込むしずかをさそい出す。すると、しずかは道にたおれている神さまに気づき、やさしく拾い上げると、「はらヘッタ…」という神さまに食事を用意する。あっという間に平らげた神さまは、指を治してほしいというしずかの願いを聞くと、なぜかのび太の家にしずかを連れて行き…!? (「神さまロボットに愛の手を!」てんとう虫コミックス第28巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(586)「そして、みんなイモになる」「ネンドロイド」 5/5 (2)

「そして、みんなイモになる」 今日のおやつがポップコーンと聞き、ガッカリしたドラえもんは、ポケットからメガホンのようなものを取り出すと、ポップコーンに向かっていきなり「ポップコーンよりどら焼き」と言い出す。すると、メガホンから光の輪が放たれ、光に包まれたポップコーンがどら焼きに変わったからビックリ! おどろくのび太を前に、一気にどら焼きを食べつくすドラえもん…。 これは『コレヨリメガホン』というひみつ道具で、このメガホンを使うと、なんでも好きなものに置きかえることができるのだという。それを聞いたのび太は、さっそくメガホンを手に、教科書に向かって「教科書よりマンガ」とさけんでみる。すると、教科書がすべてマンガ本に大変身! 大よろこびするのび太だったが、ドラえもんに元にもどされてしまった…。 その後、ドラえもんからコレヨリメガホンを借りたのび太は、空き地で野球をしているジャイアンとスネ夫を見つけ、メガホンでいたずらをするが、すぐに見つかってしまい、メガホンを横取りされて…!? 「ネンドロイド」 部屋に入ったのび太は、おし入れをゴソゴソしているナゾの物体を見つける。その物体がドラえもんのどら焼きを食べようとしたその時、ドラえもんがもどって来た! ナゾの物体を見たドラえもんは、どら焼きを取り上げると、その物体の頭から毛のようなものを取り、自分のヒゲにもどす。 ドラえもんによると、この物体は『ネンドロイド』というねんどのロボットで、自分のかみの毛をつきさすと、その人そっくりに動き出すのだという。ふたたびドラえもんが出かけて行った後、のび太は自分のかみの毛をネンドロイドにつきさしてみることに。 さっそく、ネンドロイドに宿題をやらせてみるが、まちがいだらけ…。その後、ママにお使いをたのまれたのび太は、ネンドロイドに行かせることに。ところが、いつまでたっても帰ってこないため、のび太がさがしに行ったところ、なんと空き地でねていた…。 しかも、雨がふってきてしまい、ネンドロイドの体がとけ出してしまう…!? (「ネンドロイド」てんとう虫コミックス第35巻より)  Encoded RAW = Click here Please

Continue reading