(632)「バカ売れ!?週刊のび太」「風船がとどけた手紙」 No ratings yet.

「バカ売れ!?週刊のび太」 人気まんが雑誌(ざっし)の発売日、のび太は自分が応募(おうぼ)したまんががのっていないことを確認(かくにん)し、ガッカリ…。どこかに、自分のまんがをのせてくれる雑誌はないのかなぁ…というのび太に、ドラえもんは自分の雑誌を作ろうと提案(ていあん)する。 ドラえもんが取り出したのは、その名も『雑誌作りセット』。説明を聞いたのび太は、いままで自分が描(か)きためたまんがだけがのっている「週刊(しゅうかん)のび太」を作りたいと言い出す。 さっそく、表紙用ののび太の写真と、まんが原稿(げんこう)を『製版(せいはん)印刷製本(せいほん)機』に入れたところ、あっという間にまんが雑誌「週刊のび太」が完成! まずは、町中のカガミやガラスにうつせる『遠写カガミ』でみんなに宣伝(せんでん)し、100円で売ろうと考える。 ところが、のび太の描いたまんがなんて読みたくないと言われてしまい、リサイクル業者に引き取られることに…。次こそはと、セットの『編集(へんしゅう)ロボット』に相談し、みんなにアンケートを取ることにするが…!? (「週刊のび太」てんとう虫コミックス第17巻より) 「風船がとどけた手紙」 出木杉から、庭でひろった風船についていた手紙がきっかけで、相手の人と文通をするようになったという話を聞いたのび太たち。文通相手の中学生が入っている宇宙(うちゅう)研究サークルのあつまりに参加し、宇宙飛行士とも知り合いになれたと聞き、みんなも手紙をつけた風船を飛ばすことに。 すると…、スネ夫にはとなりの家の子どもから返事がとどき、ジャイアンにはどこかの学校の先生から、赤字でまちがえた字が直されている手紙がとどく。そして、しずかにはなんと、外国の皇太子(こうたいし)からの返事がとどいたからビックリ! 来日中の皇太子が迎賓(げいひん)館の庭でしずかの風船と手紙をひろったのだ。 ひとりだけ返事が来ないと落ちこむのび太のために、ドラえもんは『長距離(きょり)風船手紙コントローラー』を取り出す。これを使えば、風船の行方をモニターで見ながらコントロールし、ひろう相手を選ぶことができるのだ。 のび太は『もはん手紙ペン』で手紙を書き直すと、まずは野球選手にひろってもらおうと、球場に風船を飛ばしてみるが…!? (「風船がとどけた手紙」てんとう虫コミックス第39巻より) All of my encoded RAW collections:

Continue reading

(631)「半分おでかけ雲」「最強!ロボットペーパー」 5/5 (1)

「半分おでかけ雲」 学校の帰り道、ジャイアンたちから公園に紅葉(こうよう)を見に行こうとさそわれるのび太。ところが、遊びに行くなら宿題を終わらせてからにしなさいとママに見張(は)られてしまい、部屋から出ることができない…。 そんな中、のび太は部屋のスミに雲のようなものがうかんでいるのを発見する。しかも、雲からはドラえもんの足が出ていた! 思わず、その足をくすぐるのび太。すると、雲の中からドラえもんが落ちてきたからビックリ! ドラえもんによると、『半分おでかけ雲製造(せいぞう)機』で半分おでかけ雲を作り、体の半分だけ、タマちゃんのところで遊んでいたのだという。首をかしげるのび太の前で、製造機に雲のもとを入れ、おでかけ雲を作って見せるドラえもん。そして、雲を二つに分け、片(かた)方に首をつっこんだところ、もう一方の雲からドラえもんの上半身が出てきた! それを見たのび太は、半分おでかけ雲を使って上半身だけ公園に行こうと思いつくが…!? (「半分おでかけ雲」てんとう虫コミックスプラス第1巻より) 「最強!ロボットペーパー」 学校でみんなと紙相撲(ずもう)をやったのび太は、なんと全敗…。ジャイアンやスネ夫にバカにされ、くやしくてしかたのないのび太は、家でも紙相撲のおすもうさんを作ることに。すると、ドラえもんがハサミで切りぬくと本物と同じように動く『ロボットペーパー』を出してくれる。 ためしにドラえもんがロボットペーパーをちょうちょの形に切りぬいたところ、本物のように空を飛び始めた! 続いて、のび太がおすもうさんを作ってみると、小さいながらも四股(しこ)をふみ、つっぱりのけいこを始める。しかも、家がゆれるほどのパワーだったからビックリ! これなら勝てると、ロボットペーパーのおすもうさんを手に出かけようとするのび太だったが、ママから草むしりをするように言われてしまう…。そこで、ロボットペーパーでヤギを作り、庭の草を食べてもらうことに。 その後、スネ夫の家をたずねたのび太は、そうじ機がこわれていると聞き、ロボットペーパーで作ってあげることにするが…!? (「ロボットペーパー」てんとう虫コミックス第11巻より) All of my encoded RAW collections:

Continue reading