(623)「ダルマさんころんだ帽」「なんでも届く!出前電話」 3/5 (2)

「ダルマさんころんだ帽」 スネ夫が学校に持ってきた大人気のマンガ本を強引に借りるジャイアン。しかも、授業(じゅぎょう)中に読んでいるところを先生に見つかり、取り上げられてしまう…。おこったスネ夫から、家に置いておけないからとおしつけられた0点の答案用紙を、ジャイアンのママに見せてやると言われたジャイアンは大あわて! のび太に、先生から取り返して来いと言い出して…。 のび太に泣きつかれたドラえもんが取り出したのは、相手に気づかれずに近づくことのできる『ダルマさんころんだ帽(ぼう)』。この帽子をかぶっている間は、動かなければほかの人から見えなくなるというのだ。 のび太はさっそく先生からマンガ本を取り返してもらうため、学校へと向かう。ところが、近づく前に先生に見つかってしまい、あわててにげ出してしまう…。 そんな時、にげ出してしまったペットのカナリアを追いかけているしずかを見かけたのび太は、ダルマさんころんだ帽をかしてあげるが…!? (「ダルマさんころんだ帽」藤子・F・不二雄大全集第17巻より) 「なんでも届く!出前電話」 ドラえもんとのび太が部屋でマンガを読んでいると、ママから封筒(ふうとう)を買って来てほしいというお使いをたのまれる。行きたくない二人がおし付け合いになる中、近所の家に出前が来ているのを見たドラえもんは、何でも取りよせることができる『出前電話』を取り出す。 そして、どこかに電話をかけると、受話器に向かって「封筒を一まいとどけてください」と話すドラえもん。すると、本当に文房具(ぶんぼうぐ)屋さんが封筒をとどけに来たからビックリ! ドラえもんによると、とどけてもらいたいものを思いうかべながらダイヤルを回すと、電話に出た人はぜったいにことわることができないのだという。 それを聞いたのび太は、人気コミックの最新号をとどけてほしいとたのんでみる。すると、なんととどけに来たのは、そのコミックの編集(へんしゅう)長だった! その後、ママから今度は封筒をポストに入れてきてほしいとたのまれたのび太は、出前電話でポストをとどけてほしいとたのんでみるが…!? (「出前電話」てんとう虫コミックス第19巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(622)「大人をしかる腕章」「無人島へ家出」 No ratings yet.

「大人をしかる腕章」 のび太が家の前をホウキでそうじしていると、通りかかったおじさんが鼻をかんだティッシュをポイすてしていく。思わず、「ゴミなんかすてないでよ」と声をかけるのび太。すると、おじさんは「子どものくせに大人に指図するのか!生意気だ!」とのび太につめより、こわくなったのび太は何も言えなくなってしまう…。 のび太から話を聞いたドラえもんは、大激怒(げきど)! ポケットから『大人をしかる腕章(わんしょう)』を取り出す。この腕章をうでにはめれば、子どもが大人をしかることができるのだという。 さっそく腕章をつけて出かけたのび太は、さっきのおじさんがまた鼻をかんだティッシュをポイすてしているのを発見! 思い切っておじさんを注意したところ、のび太の腕章を見るなり、土下座(どげざ)であやまったからビックリ…。 その後も、マナーの悪い大人たちを注意していくのび太。しずかに勇気があるとほめられ、調子に乗ったのび太は、スネ夫にたのまれて、すぐに八つ当たりするスネ夫のママを注意するが…!? (「大人をしかる腕章」てんとう虫コミックス第33巻より) 「無人島へ家出」 遊んでいて帰りがおそくなってしまい、パパとママにきびしくしかられたのび太は、家出を決意! ネズミのおもちゃでドラえもんを気絶(きぜつ)させると、四次元ポケットから、ひみつ道具をてきとうにいくつか持ち出し、こっそりと家を出ていく。 おまわりさんに声をかけられたのび太は、『タケコプター』で海へ。そのまま、海の上でねむってしまった…。次の日の朝、小さな島を発見したのび太は、だれも住んでいないこの島でくらすことに。 さっそく、ひみつ道具を使って、何か食べられるものを取ろうとするが、持ってきた道具は、役に立たないものばかり。せめて水を飲もうと、『モグラ手袋(てぶくろ)』を使って穴(あな)をほってみるが、地下からわいてきたのは海水で、飲むことはできない…。 「こんなところにいたら死んでしまう。早く家に帰ろう!」と、家出をあきらめたのび太だったが、なんとタケコプターが勝手に飛んでいってしまうというアクシデントが発生! 帰る方法がなくなってしまったのび太は…!? (「無人島へ家出」てんとう虫コミックス第14巻より)  Please rate this

Continue reading

(621)「サハラ砂漠で勉強はできない」「ニニンジャ!からくり忍者屋敷」 5/5 (4)

「サハラ砂漠で勉強はできない」 連休の間、宿題もせずにゴロゴロしてばかりでママにしかられるのび太。「勉強させたければ、まず環境(かんきょう)を整えてよ。うちも別荘(べっそう)を借りてよ」と言い返すのび太を見たドラえもんは、「環境さえよくなれば勉強するの?」とたずね、ポケットから『観光ビジョン』を取り出す。この道具を使うと、地球上のどんな場所でも周りに映(うつ)し出すことができるというのだ。 さっそく、のび太の部屋がカナダの有名な国立公園の風景に! 大よろこびしたのび太は、宿題をするために軽井沢(かるいざわ)の別荘を借りてもらったというスネ夫の様子を見てみることに。すると、スネ夫は雨もりするボロボロの別荘の中で勉強していた…。 続いて、ジャイアンやしずかちゃんの様子も見てみたところ、二人とも部屋でだらだらしており、みんな同じだと開き直るのび太。さらには、出木杉の勉強部屋を映し出そうとしてドラえもんにしかられてしまう…。 結局、最初に映したカナダの公園の風景の中で宿題に取りかかるのび太だったが…!? (「サハラ砂漠で勉強はできない」てんとう虫コミックス第16巻より) 「ニニンジャ!からくり忍者屋敷」 空手のまねごとをおぼえたジャイアンからこっぴどくいためつけられたのび太は、帰るなりドラえもんに泣きつく。ところが、のび太がドラえもんだと思ってだきついたのは、ドラえもんが忍者(にんじゃ)ごっこのために未来デパートに注文した『からくり忍者ロボット』だった。 のび太の「ジャイアンをコテンパンにしてやりたい」という言葉を、自分へのお願いだとカンちがいしたからくり忍者ロボットは、立ち上がると、“ムササビの術(じゅつ)”を使って、ジャイアンのいる空き地へ! 手裏剣(しゅりけん)やまきびし、忍術を使って、あざやかにジャイアンをやっつけ、のび太をよろこばせる。 その後、ママからるすばんをたのまれたのび太は、からくり忍者ロボットにるすばんをおしつけ、しずかの家へと出かけてしまう。のび太から、「知らない人が来ても家に入れたらダメ」と言われたからくり忍者ロボットは、郵便(ゆうびん)配達の人を、巨大なガマガエルすがたで追い返した後、家中にさまざまな仕かけをはりめぐらせて、まるで忍者屋敷(やしき)のようにしてしまい…!?  Please rate this Beri Rating:

Continue reading