(612)「がんばれ!おばけハウス」「左、直、右、右、左…」 5/5 (1)

「がんばれ!おばけハウス」 夏休み、スネ夫がめずらしくのび太のことも別荘(べっそう)にさそってくれる。よろこぶのび太だったが、夜には肝(きも)試しをやるとおどかされてしまう…。 するとその時、神成さんがおこりながらやって来た。神成さんの家の屋根や戸をたたいたり、大切にしている盆栽(ぼんさい)をこわしたりした人物がいるらしく、神成さんはのび太たちの仕業だと決めつけていたのだ。 のび太が、おばけがやったのでは?と言うと、神成さんはさらにおこり出し、ドラえもんのことを「青だぬき」とよんで、おこりながら帰ってしまう。たぬきと言われたことに、はらを立てるドラえもん…。スネ夫のアイデアで、肝試しの予行練習として神成さんをおどろかせることに。 その夜、みんなにことわられ、結局一人で神成さんの家に行くことになったドラえもんは、『おばけハウス』を取り出す。ところが、いっこうにおばけが出てこない。ふしぎに思ったドラえもんが中をのぞくと、そのままハウスの中にすいこまれてしまい…!? 「左、直、右、右、左…」 野球の試合でホームランを打たれて負けてしまったジャイアンひきいるジャイアンズ。相手チームから、思いっきりバカにされてしまったジャイアンは、これから毎日3時間のトレーニングをやると言い出す…。 こまったのび太に相談されたドラえもんが取り出したのは、これから進むべき進路を道順で教えてくれる「進路アドバイザー」。さっそく、ドラえもんが「のび太くんが進むべき道を教えてほしい」と進路アドバイザーに話しかけたところ、「左」「直」「左」「右」と書かれたテープが出てくる。 とりあえず、書かれている通りに道を進んでいくのび太とドラえもん。すると、空き地で塀(へい)に向かって投球練習をしているジャイアンを発見する…! その後、進路アドバイザーの言う通りに進んだ場所に到着(とうちゃく)した二人は、見事なコントロールで石を投げる少年と出会う。のび太は少年をジャイアンズにスカウトすることを思いつくが、それを聞いたジャイアンは、「ジャイアンズのエースはおれだ!」とおこり出して…!? (「左、直、右、右、左」てんとう虫コミックス 第41巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(611)「いきものおりがみ」「ぼうけんパラシュート」 5/5 (2)

「いきものおりがみ」 裏山で、ジャイアンやスネ夫と虫取りに行ったのび太は、クワガタに鼻をはさまれて大さわぎし、二人にバカにされてしまう。帰宅したのび太から話を聞いたドラえもんは、あきれつつものび太におりがみを差し出す。ドラえもんにもバカにされたと泣き出すのび太だったが、ドラえもんが出したおりがみは、『いきものおりがみ』というひみつ道具だった。 ためしにドラえもんがツルを折ってふくらませたところ、なんとそのツルが飛んだからビックリ! ドラえもんによると、このおりがみで生き物を折ると、動くだけでなく、その作った生き物と同じ特性を持つのだという。 二人はしずかもさそい、空き地でいきものおりがみを折ることに。ところが、しずかやドラえもんが上手にチョウチョや花を折る一方、のび太はバッタを折ったはずが芋虫になり、カブトムシを折ったはずがゴキブリになってしまう…。 その後も大きいおり紙でネコやリス、うさぎなどの動物を上手に折るしずか。すると、そこにジャイアンとスネ夫がやってきて、いきものおりがみをうばい取ってしまい…!? ※都合により放送ラインナップを変更しております 「ぼうけんパラシュート」 おつかいの帰り道、飛んできたビニールのふろしきを使ってパラシュートを作ろうと思いつくのび太。そして、パパに教えてもらった作り方で、器用に完成させる。このパラシュートに乗れたらもっといいのになぁ…というのび太に、ドラえもんはスモールライトを取り出す。 スモールライトで小さくなったのび太が、重りの代わりに自分の体をロープにまき付けると、ドラえもんはのび太を天井(てんじょう)の照明のカサの上にのせる。そして、意を決して飛びおりるのび太…。 パラシュートが開き、無事に着地できたのび太は、大よろこび! もっと高いところから飛びたいと言い出すと、いったん元の大きさにもどり、折り紙で紙ヒコーキを作り始める。これに乗って、空から飛びおりたいと言われたドラえもんは、紙ヒコーキを操縦(そうじゅう)できるようにする、ラジコンのプロポを取り出す。 ふたたびスモールライトで小さくなったのび太は、小さくなったドラえもんと共に紙ヒコーキに乗り込み、空へと飛んでいくが…!? (「ぼうけんパラシュート」てんとう虫コミックス 第26巻より)  Please rate this Beri

Continue reading

(610)「裏山ウォータースライダー」「あべこべ惑星」 No ratings yet.

「裏山ウォータースライダー」 ジャイアンやスネ夫と、最新のウォータースライダーに遊びに行ったのび太だったが、大混雑(こんざつ)の5時間待ちで、あきらめて帰ることに…。がっかりするのび太を見たドラえもんは、「じゃあ、作ってみる?」と声をかける。 次の日、ドラえもんは『どこでもドア』でのび太を海に連れ出すと、大きなタライに海水をくんで部屋へともどる。そして、ポケットから取り出したものを海水にふりかけ、タライをひっくり返したところ、水がやわらかいかたまりになっていたからビックリ! ドラえもんがふりかけたのは、『水加工用ふりかけ』というひみつ道具で、スポンジのようになるスポンジふりかけをふりかけたのだという。ほかにも、鉄のようになる鉄ふりかけをはじめ、ねんどふりかけ、布(ぬの)ふりかけなどもあるらしい。 ふたたび海へと向かった二人は、水加工用ふりかけを使って、加工した海水を部屋や階段(かいだん)に設置(せっち)し、家の中にウォータースライダーを作り上げる。ところが、帰宅したママにしかられてしまい…!? 「あべこべ惑星」 七夕の夜、竹の代わりに、つりざおに「りこうになりたい」と書いた短冊(たんざく)を下げていのるのび太。ところが、織姫(おりひめ)星と彦(ひこ)星がどこにあるのかわからないという。そこでドラえもんは、マイクロコピーで一つひとつの星が本物そっくりに作ってある『天球儀(ぎ)』を取り出す。生物のいる星には、ナノロボットを用いて、本物の宇宙(うちゅう)を完全に再現(さいげん)しているという。 『天体けんび鏡』で、天球儀を見ながら、星空の説明を聞いていたのび太は、地球とそっくりの星を発見! けんび鏡でよくよく見ていくと、日本にそっくりな島もあり、なぜか左右が反対になっていた…。その星に興味(きょうみ)を持った二人は、宇宙船に乗り込み、天球儀の中へと突入(とつにゅう)していく。 二人が到着(とうちゃく)したのは、のび太が住んでいる町とそっくりだが、なにもかもがあべこべの世界。信号は赤が進めで、ネズミがネコを追いかけていた。そして、女の子のジャイアンとスネ夫、さらに男の子のしずかがやってきて…!? (「あべこべ惑星」てんとう虫コミックス 第17巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading