(590)「立ちユメぼう」「エスパースネ夫」 5/5 (1)

「立ちユメぼう」 のび太が部屋でおやつを食べていると、頭に機械のようなものをかぶったドラえもんがねむりながらふらふらと歩いてきて、のび太のおやつを食べてしまう。おどろいたのび太がドラえもんにつかみかかると、ドラえもんは目を覚まし、いいところで夢(ゆめ)から覚めてしまったともんくを言い出した…。 実はドラえもんがかぶっていたのは、『立ちユメぼう』というひみつ道具で、これをかぶると、実際(じっさい)のできごとを、見たい夢に直して見ることができるというのだ。話を聞いたのび太はさっそく立ちユメぼうをかぶってみる。 すると、急にのび太の家がボロボロになり、会社がつぶれたパパがトラックにひかれてしまったという夢が始まる…! 実はダイヤルで見たい夢の種類を選ぶのだが、ダイヤルが「かわいそうな夢」になったまま、立ちユメぼうをかぶってしまったのだ! 使い方がわかったのび太は、「冒険(ぼうけん)ものの夢」を選ぶことに。すると、部屋が大魔境(まきょう)になった! そしてのび太は、さらなる冒険を求め、家の外へと出て行くが…!? (「立ちユメぼう」てんとう虫コミックス第16巻より) 「エスパースネ夫」 エスパーになるため、10円玉を念力で動かす練習をしていたのび太を見たドラえもんは、『エスパーぼうし』を取り出す。それに対し、「ぼくは本物のエスパーになりたいんだ!」と言い放ち、めずらしくひみつ道具を使うことをことわるのび太。 ドラえもんに笑われてしまったのび太は、空き地で練習を始めるが、ジャイアンやスネ夫からバカにされ、くやしさのあまり、熱を出してしまう…。そんなのび太をかわいそうに思ったドラえもんは、スネ夫にしかえしをするため、すがたを消すことのできる『かたづけラッカー』を自分とのび太の体にふきつける。 とうめい人間になった二人は、スネ夫の家へと向かうと、スネ夫の目の前でコップを動かし、自分はエスパーだと思いこませようとする。すっかりその気になったスネ夫は、外へと出て、いろいろなものを動かしてみることに。 さらに、スネ夫が土管を動かすのを見たジャイアンも、スネ夫がエスパーだと信じこんでしまう。調子に乗ったスネ夫は、次々と超能(ちょうのう)力を使おうとして…!? (「エスパースネ夫」てんとう虫コミックス第31巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(589)「大むかし漂流記」「ロボット雪だるま」 No ratings yet.

「大むかし漂流記」 いまから一億年前、まだ人類がいない時代の海にうかぶ小島の上で言い合いを始めるドラえもんとのび太。なんとタイムマシンの入り口が無くなってしまったのだ! しかも、『どこでもドア』も『タケコプター』も修理(しゅうり)に出していて、使えそうなものは、『タイムベルト』のみ。ただ、タイムベルトは場所が動かないため、一億年後の現代、この場所がどうなっているかはわからない…。 そもそもの始まりは、学校の裏(うら)山で貝と魚の化石を見つけたのび太が、大むかし、貝や魚は陸の生きものだったと言い出したからだった。ドラえもんから一億年前の日本は大陸と陸続きで、ほとんどの部分は海の底だったと笑われても、どうしても信じることができないのび太。 そこで二人は『タイムマシン』で一億年前の裏山へと向かう。もちろん着いたのは海。つりをして遊んでいたところ、魚竜(ぎょりゅう)・モササウルスにおそわれ、タイムマシンの入り口を見失ってしまったのだ! しかも、二人がたどり着いた小島は、実は大きなウミガメで…!? (「大むかし漂流記」てんとう虫コミックス第17巻より) 「ロボット雪だるま」 雪が積もったある日、のび太としずかが空き地で雪だるまを作って遊んでいると、後からやってきたジャイアンとスネ夫にじゃまをされてしまう。さらに、のび太が作った雪だるまが小さいとバカにする二人。くやしいのび太は、ドラえもんにも手伝ってもらおうとするが、外に出たくないドラえもんは、ポケットから『ロボットのもと』を取り出す。これをのび太が作った雪だるまに入れて、大きな雪だるまを作ってもらえばいいというのだ。 空き地にもどったのび太は、さっそく雪だるまのせなかにロボットのもとを入れてみる。すると、雪だるまから足と手が飛び出し、動き出したからビックリ! 小さいながらも力持ちの雪だるまは、あっという間に大きな雪だるまを作る。のび太は、大きな雪だるまをドラえもんそっくりの顔にすると、小さな雪だるまにドラえもんからロボットのもとをもらってくるよう、命令する。 ところが、ドラえもんがねていたため、近くにあった故障(こしょう)中のロボットのもとを持って行ってしまい…!? (「ロボット雪だるま」てんとう虫コミックスプラス第6巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(588)「アリガターヤ」「ツチノコみつけた!」 3/5 (2)

「アリガターヤ」 放課後、野球をするというジャイアンとスネ夫からランドセルをおしつけられたのび太。ジャイ子を見かけたのび太は、ジャイアンのランドセルを差しだすが、用事があるからとことわられてしまう。のび太の帰りがおそいことを心配したドラえもんがのび太をさがしに行くと、裏(うら)山のわきにある小川で落ちこむのび太のすがたが…! ドラえもんに声をかけられ、「ボクはみんなの言うことを聞いているのに、だれもボクの言うことを聞いてくれない…」と泣くのび太。かわいそうに思ったドラえもんは、『アリガターヤ』を取りだす。これを頭にのせると、だれもがのび太の言うことをありがたがって聞いてくれるというのだ。 さっそく、ドラえもんにジャイアンとスネ夫の家にランドセルをとどけるようにたのんだところ、ドラえもんがよろこんでとどけに行ったからビックリ! 家に帰り、ママに宿題をたのんだところ、やはりよろこんでやってくれる。調子に乗ったのび太は、しぶるドラえもんからアリガターヤをかりて出かけていくが…!? (「アリガターヤ」てんとう虫コミックスプラス第3巻より) 「ツチノコみつけた!」 「この世に生まれたからには、自分の名を歴史の1ページに残したい」と考えるのび太。そんな時、22世紀からもどって来たドラえもんから、未来の百科事典を見せられてビックリ! なんとその百科事典に、ツチノコを発見したのは剛田武(ごうだたけし)と、ジャイアンの名前が書かれていたのだ。 のび太はおどろきつつも、自分が先にツチノコを見つけようと空き地へと向かう。通りかかったジャイアンとスネ夫から何をしているのかと聞かれ、必死に追い返そうとするのび太。おこったジャイアンにおどされ、ツチノコをさがしていると正直に話すが、二人はツチノコなんて…とバカにして去っていく。 のび太は引き続きツチノコをさがすが、なかなか見つからずあきらめてしまう。そんなのび太にあきれるドラえもんだったが、未来の図書館で、今から約70年後にツチノコブームが起き、ペットショップでも買えるようになる事を調べると、その時代へ行ってツチノコを手に入れようと言い出して…!? (「ツチノコ見つけた!」てんとう虫コミックス第9巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(587)「Yロウに気をつけろ!」「神さまロボットに愛の手を!」 1/5 (1)

「Yロウに気をつけろ!」 ジャイアンひきいる野球チーム“ジャイアンズ”は、試合で負け続き。おこったジャイアンは、これからはヘタなメンバーを2軍に落とし、試合には出させず、球拾いをさせると言いだした! それを聞いたのび太は、もう試合には出られなくなるとドラえもんに泣きつく。 それに対し、ドラえもんは、ヘタだったらうまくなろうと努力するよう、のび太をはげます。のび太も、その言葉でやる気を出し、1軍をめざして練習に打ちこもうとするが、ママに「勉強のほうが大事よ!」とバットとグローブを取り上げられてしまった…。 同情(どうじょう)したドラえもんは、わたされた人は、どんなことでもことわれなくなってしまうという『Yロウ』を取り出す。さっそくYロウをママにわたし、野球道具を返してもらいたいとたのんだところ、よろこんで返してくれたからビックリ! その後、ドラえもん相手に野球の練習を始めるのび太だったが、あまりのヘタっぷりに、ドラえもんがおこり出す…! 言い合いの末、ドラえもんは帰ってしまうが…!? (「Yロウ作戦」てんとう虫コミックス第11巻より) 「神さまロボットに愛の手を!」 ジャイアンに新しいマンガをうばわれ、神さまなんていないとなげくのび太。それを見たドラえもんは、『神さまロボット』を取り出す。神さまには見えないすがたをしているが、それは人の心を試すためで、これを神さまと知らずに助けると、3つの願い事をかなえてくれるらしい。ただ、神さまだと知って親切にしてもダメなのだという。 のび太たちは、さっそく神さまロボットを道におき、様子を見ることに。動き出した神さまは、とつぜんたおれるが、だれも気づかずに通りすぎてしまう。さらに、通りかかったジャイアンは神さまを拾いあげると、「きたない人形!」と投げすて、スネ夫は神さまをけとばしてしまう…。 その後、のび太たちはしずかの家に遊びに行き、指をケガして落ち込むしずかをさそい出す。すると、しずかは道にたおれている神さまに気づき、やさしく拾い上げると、「はらヘッタ…」という神さまに食事を用意する。あっという間に平らげた神さまは、指を治してほしいというしずかの願いを聞くと、なぜかのび太の家にしずかを連れて行き…!? (「神さまロボットに愛の手を!」てんとう虫コミックス第28巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(586)「そして、みんなイモになる」「ネンドロイド」 5/5 (2)

「そして、みんなイモになる」 今日のおやつがポップコーンと聞き、ガッカリしたドラえもんは、ポケットからメガホンのようなものを取り出すと、ポップコーンに向かっていきなり「ポップコーンよりどら焼き」と言い出す。すると、メガホンから光の輪が放たれ、光に包まれたポップコーンがどら焼きに変わったからビックリ! おどろくのび太を前に、一気にどら焼きを食べつくすドラえもん…。 これは『コレヨリメガホン』というひみつ道具で、このメガホンを使うと、なんでも好きなものに置きかえることができるのだという。それを聞いたのび太は、さっそくメガホンを手に、教科書に向かって「教科書よりマンガ」とさけんでみる。すると、教科書がすべてマンガ本に大変身! 大よろこびするのび太だったが、ドラえもんに元にもどされてしまった…。 その後、ドラえもんからコレヨリメガホンを借りたのび太は、空き地で野球をしているジャイアンとスネ夫を見つけ、メガホンでいたずらをするが、すぐに見つかってしまい、メガホンを横取りされて…!? 「ネンドロイド」 部屋に入ったのび太は、おし入れをゴソゴソしているナゾの物体を見つける。その物体がドラえもんのどら焼きを食べようとしたその時、ドラえもんがもどって来た! ナゾの物体を見たドラえもんは、どら焼きを取り上げると、その物体の頭から毛のようなものを取り、自分のヒゲにもどす。 ドラえもんによると、この物体は『ネンドロイド』というねんどのロボットで、自分のかみの毛をつきさすと、その人そっくりに動き出すのだという。ふたたびドラえもんが出かけて行った後、のび太は自分のかみの毛をネンドロイドにつきさしてみることに。 さっそく、ネンドロイドに宿題をやらせてみるが、まちがいだらけ…。その後、ママにお使いをたのまれたのび太は、ネンドロイドに行かせることに。ところが、いつまでたっても帰ってこないため、のび太がさがしに行ったところ、なんと空き地でねていた…。 しかも、雨がふってきてしまい、ネンドロイドの体がとけ出してしまう…!? (「ネンドロイド」てんとう虫コミックス第35巻より)  Encoded RAW = Click here Please

Continue reading

(585)「なんでもエーアイアイ」「役立つもの販売機」 5/5 (2)

なんでもエーアイアイ」 ドラ焼きを食べながら、足でマンガ本を取ろうとするのび太。しかも、あきれるドラえもんに、「ねているだけで、なんでもやってくれるロボットなんてない?」と言い出す…。それを聞いたドラえもんは、ポケットからお世話ロボット『エーアイアイ』を取り出す。 サル型ロボットのエーアイアイは、高性能(せいのう)のAI(エーアイ)が搭載(とうさい)されており、なんでも自分で考えて行動できるが、まずは一から教えてあげる必要があるのだという。その説明を聞いたのび太は、さっそくいろいろなことを教え始める。 最初は思った通りにいかなかったものの、エーアイアイを外に連れ出して、ジャイアンやスネ夫のことを教えこんだり、しずかの家に連れて行って説明したり、さらに、ママが来たら伝えるようになどと、自分に都合のいいことばかりエーアイアイに教えこむのび太。 数日後、すっかりエーアイアイを使いこなせるようになったのび太は、ママやジャイアンたちをうまくかわして大まんぞく。しかも、これならドラえもんがいなくなってもいいと言い出して…!? 「役立つもの販売機」 ママが使おうとしていた便せんを、すべて紙飛行機にしてしまったのび太とドラえもん。そこでドラえもんは、『役立つもの販売(はんばい)機』をポケットから取り出す。ドラえもんに言われるがまま、ママが販売機に10円玉を入れたところ、便せんが出てきたからビックリ! この販売機に10円を入れると、その時にその人にとって役立つものが出てくるのだ。のび太もドラえもんに10円を借りてやってみたところ、なんと10円玉が7まい出てきた! のび太は10円をドラえもんに返し、残りの6まいを全部入れてみる。 出てきたのは、ゴミ箱のフタ、リレーのバトン、トランプが1まい、石けん、タオル…。そして、マンガ本が1さつ出てくる。それは、のび太がおとといスネ夫に借りたものと同じだった。 のび太がガッカリしていると、同じマンガ本を手に、おこったスネ夫がやってくる。実はのび太がスネ夫に返そうとしたときにジャイアンが持って行ってしまったのだが、その本がやぶれており、のび太のせいにされてしまったのだ。そこで、のび太は販売機から出てきたマンガ本をスネ夫にわたすが…!? (「役立つもの販売機」藤子・F・不二雄大全集第3巻より)  Encoded RAW = Click here Please rate

Continue reading

(584)「ネズミ年だよ!ドラえもん」「出てくる出てくるお年玉」 5/5 (2)

「ネズミ年だよ!ドラえもん」 お正月、ごきげんなのび太とは対照的に、元気のないドラえもん…。それもそのはず、今年はドラえもんが大きらいな「ネズミ年」なのだ! それを聞いて笑い出すのび太を見たドラえもんは、いじけておし入れにとじこもってしまう。 ところが、おし入れの中にネズミがいたから大変! おどろきのあまり、『銀河(ぎんが)はかいバクダン』でネズミを撃(う)とうとして、のび太に止められるドラえもん。のび太は、ネズミ年だからこそ、にが手なネズミに強くなろうと、ドラえもんをはげます。 何かいい道具はないかと聞かれたドラえもんは、さわるだけで、にが手を24時間人にうつすことができる『にが手タッチバトン』を取り出すが、のび太はそんなごまかしはダメだと反対。そこで、しかたなく『スパルタ式にが手こくふく錠(じょう)』を取り出す。これは、苦手なものがもっとこわくなり、死ぬような思いをしながらならしていくという薬だった。 いやがるドラえもんに、スパルタ式にが手こくふく錠をむりやり飲ませるのび太。おこったドラえもんは、にが手タッチバトンでのび太にタッチして…!? (「『スパルタ式にが手こくふく錠』と『にが手タッチバトン』」てんとう虫コミックスプラス第5巻より) 「出てくる出てくるお年玉」 スネ夫とジャイアンから、お年玉の少なさをバカにされたのび太は、パパに抗議(こうぎ)するが、受け入れてもらえず、ガッカリ…。落ち込(こ)むのび太を見たドラえもんは、『お年玉ぶくろ』を取り出す。これは「松」「竹」「梅」の3つのふくろで、それぞれちがう方法で、お年玉がもらえるのだという。 まずは「梅」を使うことにしたのび太。いいことをして、「ありがとう」と言われるたびに、ふくろから10円ずつ出てくると聞いたのび太は、さっそくママやパパに感謝(かんしゃ)されるようなことをやろうとするが、なかなかうまくいかない。ようやくパパにありがとうと言ってもらって10円を手にするが、ママにおこられたとたん、その10円玉は消えてしまう…。 ガッカリしたのび太は、しかられたり、痛(いた)い目にあったりした時にお金が出てくる「松」を使うことに。しかし、ママもパパも出かけてしまい、自分で自分の頭をなぐるが、1円しか出てこない。痛みが強いほど、お金が出てくるため、ドラえもんが大きなハンマーでのび太のおしりをたたいてみるが…!? (「出てくる出てくるお年玉」てんとう虫コミックス第20巻より)  Encoded RAW = Click here Please

Continue reading

(583)「タイムワープでプレゼントを」「クリスマスに雪を」 5/5 (1)

「タイムワープでプレゼントを」 毎年、クリスマスにサンタさんからとどくプレゼントが、自分がほしいものではないことにがっかりののび太。今年も期待できないとためいきをつくのび太に、ドラえもんは何がほしいのかとたずねる。すると、のび太はゲーム機だと答え、それを出してほしいとドラえもんにすがりつく…。 ドラえもんはことわるが、今年もちがうものがまくら元にあったら、もうおしまいだとなげくのび太を見て、小さい煙突(えんとつ)がついた暖炉(だんろ)のような『ミニサンタ』を取り出す。 ためしに、ほしいマンガ本のタイトルを紙に書いて煙突に入れ、時間をセットしたところ、暖炉の中から小さいサンタがふくろを持って出てきた。そして、中からのび太がほしいと言っていたマンガ本が出てきたからビックリ! 小さいが本物なのだという。 そこで、今度はサンタさんにもたのんだゲーム機を書いた短冊(たんざく)を煙突に入れ、しずかの家へと遊びに行くことに。ところが、しずかはお使いで留守(るす)だった。待つのがいやだというのび太に、ドラえもんは時間をワープする『タイムワープリール』を取り出して…!? (「ミニサンタ」てんとう虫コミックスプラス第4巻より) (「タイムワープリール」てんとう虫コミックス第45巻より) 「クリスマスに雪を」 クリスマスパーティーの前日。明日、雪がふってホワイトクリスマスになれば最高なのに、というしずかの願いをかなえようと、のび太はホワイトクリスマスを実現(じつげん)するひみつ道具を出してほしいとドラえもんにたのみこむ。 ドラえもんが取り出したさまざまなひみつ道具の中から、天気を自由に変えられる『お天気ボックス』を使おうとしたのび太だったが、なんとお天気ボックスは故障(こしょう)中…。おこったのび太が、お天気ボックスをけり飛ばしたところ、なんと雪がふり出した! その後も雪はふり続け、次の日の朝には一面の銀世界に。大よろこびで雪の中で遊ぶみんなに、のび太は雪がふったのは自分のおかげだとじまんするが、だれも信じてくれない。それどころか、ジャイアンたちに雪をぶつけられてしまう…。 さらに、しずかに自分が雪をふらせたことを伝えようとするが、スネ夫がしずかを連れて行ってしまった。おもしろくないのび太は、雪を止めようとして、ふたたびお天気ボックスをけりつける。すると、雪がもっとはげしくふりはじめて…!? (「三月の雪」てんとう虫コミックス プラス5巻より)  Encoded RAW = Click

Continue reading

(582)「捜査ごっこセット」「イースター島のモアイ」 5/5 (1)

「捜査ごっこセット」 空き地できげんの悪いジャイアンを見かけたのび太は逃(に)げようとするが、見つかってしまい、大あわて。ジャイアンによると、自分がトイレに行っている間に、大切なマイクをだれかがこわしたのだという。のび太は自分ではないと訴(うった)えるが、犯人(はんにん)をすぐに見つけてこないと、ギッタギタにしてやる!と言われてしまった。 のび太はドラえもんに泣きつこうとするが、部屋にあったはずのどら焼きをさがしていたドラえもんからも、疑(うたが)いの目を向けられてしまう。のび太は知らないと答えるが、ドラえもんは未来の子どもたちが刑事(けいじ)ごっこで使うという『捜査(そうさ)ごっこセット』を取り出し、セットの中の『指紋(しもん)スイツキン粉』でお皿についた指紋を調べることに。すると、見事にのび太の指紋に反応(はんのう)! のび太は自分が食べたことを白状(はくじょう)する…。 これを使ってジャイアンのマイクをこわした犯人を見つけようと考えるのび太。さっそく、空き地で聞き込みを開始すると、スネ夫が犯人との疑(うたが)いが。すぐにスネ夫の家をたずねるが、スネ夫は逃げ出してしまい…!? 「イースター島のモアイ」 ひみつ道具を使って実際(じっさい)に行動して答えるゲームマシン『アクションクイズ』で遊ぶのび太とドラえもん。まちがえてばかりののび太は、まちがえるたびにカミナリに打たれて、ゲッソリ…。 これなら出木杉がやってもムリだろうと考えたのび太は、さっそく出木杉を連れてくるが、出木杉は次々と正解(せいかい)を出し、メダルを手にする。それを見て、ガッカリするのび太…。 「窓から見上げる大きなトビウオ」という最終問題を出された出木杉は、座標(ざひょう)を打ち込めば、家ごとその場所に移動することができる『転居(てんきょ)テンキー』をドラえもんに出してもらい、家ごとイースター島へ行き、見事正解する。南半球でしか見ることのできないトビウオ座(ざ)を見るのに、日本からの時差を考えて、イースター島を選んだのだ。 その後、イースター島を知らないのび太にモアイ像(ぞう)を見せるため、『スピード時計』を使って、昼にするドラえもん。海岸にならぶモアイ像の近くにたおれているモアイ像を見つけたのび太は、元通りにしようと言い出して…!?  Encoded RAW = Click here Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(581)「多目的お守りは責任感が強い」「野比家、夢の温泉旅行」 5/5 (1)

「多目的お守りは責任感が強い」 学校の帰り道、出木杉と仲良く本の話をしているしずかを見て、ヤキモチを焼くのび太。その後、走っているドラえもんを見かけ、追いかけていくと、ドラえもんは1円をひろい、交番にとどける。ドラえもんによると、『多目的おまもり』というひみつ道具で金運を選んだところ、こうなったのだという。 このお守りには、金運だけでなく、交通安全、恋愛成就(れんあいじょうじゅ)、受験合格などがあり、望みのものを選ぶと、コンピューターの働きで持っている人を動かしてくれるというのだ。 それを聞いたのび太は、さっそくかしてもらうことに。すると、とつぜん足が動き出し、なぜか家に着いてしまった。ところが、げんかんのドアを開けると、なにやらこげたようなにおいが…。ママがアイロンを付けっ放しにしていたのだ! そこにあわてて帰ってきたママからおこづかいをもらって、大よろこびののび太。 その後、交通安全を選んで外に出たところ、急に足が重くなってしまい…!? さらに、しずかに好きになってもらおうと、恋愛成就を選んでみるが…!? (「多目的おまもりは責任感が強い」てんとう虫コミックス第21巻より) 「野比家、夢の温泉旅行」 のび太とドラえもんが、どんな景色でも部屋の中にうつし出すことのできる『室内旅行機』で、夕日がしずむ美しい浜辺(はまべ)や、アフリカのジャングルの景色を楽しんでいると、ママからにげるようにパパが部屋に入ってくる。立体映像(えいぞう)のヒョウを見たパパは、あわてて部屋を出ていき、追いかけてきたママに、のび太の部屋にヒョウがいたと告げるが、ふたたびドアを開けても、そこにヒョウはいなかった…。 話をごまかさないでくださいとママにおこられてしまうパパ。実は、連休に出かけたいとママから言いよられてにげていたのだ。二人のやりとりを見たのび太たちは、室内旅行機を使って、家を温泉(おんせん)旅館にすることを思いつく。 さっそく機械を家中に置き、温泉旅館の映像をうつす二人。広く見えても、実はせまい家のままなので、カベやテーブルなどにぶつかりつつ、四人は温泉旅行気分を楽しむ。ところがそんな時、ジャイアンとスネ夫が野球のさそいにやって来て…!? (「温泉旅行」てんとう虫コミックス第6巻より)  Encoded RAW = Click here Please

Continue reading