(604)「キャラクターグッズを作っちゃえ!」「ジャイアンへのホットなレター」 4.5/5 (2)

「キャラクターグッズを作っちゃえ!」 おもちゃ屋さんの前を通ったのび太は、長い行列にビックリ! ならんでいたスネ夫によると、人気キャラクターの新作フィギュアの限定(げんてい)品ということで、みんな朝からならんでいるのだという。 ぶじにお目当ての商品をゲットしたスネ夫からじまんされたのび太は、きょうみがない様子で、みんなにも同意を求めるが、ジャイアンにもしずかにもお気に入りのキャラクターのコレクションがあると言われてしまう…。そして、スネ夫にバカにされたのび太はつい、自分もみんなよりたくさん集めていると、ウソをついてしまった! みんなに見せる約束までしてしまったのび太は、ママに買ってもらおうと考えるが、そういうものはぜったいに買わないとママが話しているのを聞いてガッカリ…。おこづかいで買おうにも、売れ残りのノートしか買えず、こまったのび太はドラえもんに泣きつく。 あきれつつも、ひとつだけ買って来てあげると言ってくれたドラえもんに、のび太は新番組のグッズをたのむことに。すると、なぜかまだ発売されていない商品を買ってきてくれて…!? (「キャラクター商品注文機」てんとう虫コミックス 第28巻より) 「ジャイアンへのホットなレター」 空き地で、アイドル・伊藤(いとう)つばさのサインが入ったパネルをじまんするスネ夫。「つばさちゃんへのホットなレター」コンクールで優勝(ゆうしょう)してもらったのだという。さらに、ファンクラブの幹部(かんぶ)になったとじまんするスネ夫だったが、その横でジャイアンがどんどんふきげんになり、おこって立ち去ってしまう。 なぜジャイアンがおこっているのかまったくわからないのび太だったが、話を聞いたドラえもんは、ジャイアンはヤキモチを焼いているのだと分析(ぶんせき)。自分を歌手だと思っているジャイアンは、つばさちゃんはライバルで、のび太たちはジャイアンのファンだと思い込んでいるのだと話す。 しかたなくジャイアンの家へと向かうドラえもんとのび太。するとジャイアンは、ファンクラブ限定(げんてい)の会報(かいほう)を出したいと言い、ファンレターを募集(ぼしゅう)しろと言い出す。さらに、一等に選ばれたファンには、つばさちゃんと同じようにサイン入りパネルをプレゼントすることを思いついて…!? (「ジャイアンへのホットなレター」てんとう虫コミックス 第35巻より)  Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(603)「くしゃみに気をつけろ」「友だちの輪」 No ratings yet.

「くしゃみに気をつけろ」 めずらしくカゼをひいてしまったドラえもん。たまたま22世紀から様子を見に来たドラミが、病院に連れて行こうとするが、寝(ね)ていれば治ると追い返してしまう。しかたなく、薬を置いて帰るドラミ。ところが、のび太が学校から帰ってくると、ドラえもんが寝ているはずの押(おし)入れがパンパンになっていた! そして、中からドラえもんのクシャミが聞こえたと同時に、「ハクション」の文字が飛び出してきたからビックリ! そこへふたたびやってきたドラミは、ドラえもんが薬と『コエカタマリン』をまちがえて飲んでしまったことに気づく。そして、ちょうど未来から連れてきたロボットのお医者さんに、注射(ちゅうしゃ)をしてもらおうとするが、ドラえもんは「ヤダ」を連発しながらにげてしまう…。 その様子を見たお医者さんは注射を置いて未来へと帰ってしまった! ドラミはしかたなく、注射を手にドラえもんをさがすことに。すぐにドラえもんを見つけたドラミは注射しようとするが、スルリとかわされ、そこにいたスネ夫に注射してしまう…!? 「友だちの輪」 道でとびきりの美少女を見かけたのび太、ジャイアン、スネ夫が見とれていると、その少女は神成さんの家に入っていった。3人は思わず家の中をのぞきこもうとするが、神成さんに追い返されてしまう…。 どうにかして少女と友だちになりたいのび太は、家に帰った後、しずかから電話があったと言われても上の空で、ふたたび神成さんの家へと向かう。すると、ジャイアンとスネ夫が神成さんの出かけたすきに、持っていたボールやラジコンを庭に投げこみ、それを取らせてもらうふりをして、少女と話をしようとしていた。ところが、ちょうど帰って来た神成さんにおこられてしまう。 のび太が何かいい方法はないかと考えていると、ドラえもんが輪の中にいっしょに入るとどんな人とでも仲良くなれる『友だちの輪』を使って、メスネコと友だちになっていた。それを見たのび太は、友だちの輪を借りてみるが、やはり神成さんがいて近よることができない。そこでのび太はまず神成さんと仲良くなろうと考えて…!? (「友だちの輪」てんとう虫コミックス 第38巻より) Please rate this Beri Rating:

Continue reading

(602)「こころにささるおもいヤリ」「スケジュールどけい」 4/5 (1)

「こころにささるおもいヤリ」 ママと買い物に行ったドラえもんは、スネ夫のママと会う。スネ夫が母の日のプレゼントに最高級のカーネーションをプレゼントしてくれるとうれしそうに話すスネ夫のママ。さらに、のび太もなにか計画しているはずと続けるが、ドラえもんとママはびみょうな顔…。 その後、のび太をさがしに行ったドラえもんは、お花屋さんの前で立ち止まるのび太を発見! 母の日をおぼえていたとカンゲキするが、なぜかのび太はお店には入らず、土手に行くとタンポポをつみ始める…。 とちゅうでのび太を見失ってしまったドラえもんは、スネ夫から家の方に歩いて行ったと聞き、急いで家へともどる。そして、ちょうどタンポポをママにわたそうとしているのび太に、『おもいヤリ』をなげつけた! すると、おもいヤリが光のヤリに変わり、ママのむねにささる。この光のヤリがささると、思いやりの言葉が深く心にささって、よろこびや感謝(かんしゃ)の気持ちを大きくしてくれるのだ。タンポポにカンゲキしたママは、このよろこびをご近所さんに知らせたいと家を飛び出していき…!? 「スケジュールどけい」 やらなくてはならないことがたくさんあるのに、何から始めようかと考えているうちに時間がすぎてしまうというのび太にあきれたドラえもんは、ポケットから『スケジュールどけい』を取り出す。この時計にこれからの予定を書いたカードを入れると、そのスケジュールを必ず実行させてくれるというのだ。 のび太はさっそく、宿題やおやつ、昼寝(ね)やあやとりの練習、野球の約束など、スケジュールを細かく書いたカードを入れようするが、カードがうまく入らず、思わずドラえもんが代わりにカードを入れてしまう。 すると、スケジュールどけいが動き出し、「勉強ノ時間デス!」と、ドラえもんのおしりにハリをちくりとさしたからビックリ! 実は、このスケジュールどけいは、カードを入れた人にスケジュールを守らせる仕組みだったのだ。スケジュールどけいにきびしく追い立てられ、仕方なくつくえに向かうドラえもん。その後も分きざみのスケジュールをこなしていくが、あまりのきびしさににげ出してしまい…!? (「スケジュールどけい」てんとう虫コミックス 第3巻より) Please rate this Beri Rating:

Continue reading